リタイアメントビザ取得支援

リタイアメントビザは、フィリピンでは35歳から取れますし、他国のように期限付きではなく永久です。最終的に日本に帰りたくなれば解約すれば全額返金されます。SRRVクラシックですと、供託金をコンドミニアムの購入に充てることもできます。日本とセブを行き来しながら生活することも可能です。

ツーリストビザのように、1ヶ月、2ヶ月毎に更新手続きをする必要がなく、ワーキングビザや結婚永住ビザのように出国ごとに再入国許可証を取る必要もありません。

また入国に際しては特別レーンを通り、外国人として並ぶ必要はありません。

フィリピン海外移住ビザのジャパン支援センター

費用や必要事項

要件 SRRVクラシック SRRVスマイル
1. 年齢と必要な預金 1. 35-49歳 50,000ドル

2. 50歳以上

・20,000ドル(年金なし) ・10,000ドル(年金あり、注*)

注:3人以上の同伴者がいる場合一人に付き、15,000ドルの追加

注*:年金額を示す証書提出のこと

(単身申請は月々800ドル、夫婦申請は1000ドル)

35歳以上一律 20,000ドル

注:3人以上の同伴者がいる場合

一人に付き、15,000ドルの追加

 

2. 預金の投資への転換 1. 投資への転換ができる

2. 投資額は50,000ドル以上であること

注:投資するコンドミニアムや土地付住宅の

長期リースはすでに居住可能であること

銀行預金として保持される

・投資に転換できない

・退職者の終末のニーズに使用する

・ビザの取消し後は引き出し可能

3. 申請料 1. 申請者本人 1400ドル

2.同伴者一人当たり 300ドル

注:申請時のみ

1. 申請者本人 1400ドル

2. 同伴者一人当たり 300ドル

注:申請時のみ

4. 会費等 1. 年会費(PAF) 360ドル/年

申請時に支払い、その後毎年支払う(申請者および2名に同伴者を含む)

2. 年会費 100ドル/年

3名以上の同伴者一名につき

1. 年会費(PAF) 360ドル

申請時に支払い、その後毎年支払う(申請者および2名の同伴者を含む)

2. 年会費 100ドル/年

3名以上の同伴者一名につき

5. 預金先銀行 PRA指定銀行 PRA指定銀行
6. 申請書類 1. 記入済み申請書類

2. 有効な入国ビザがあるパスポート原本

3. 健康診断書

4. 無犯罪証明書(本国あるいは最終移住地にて取得)

ならびにNBI(国家捜査局)クリアランス

5. 写真(5×5) 13枚

6. 同伴する配偶者・子供の関係を証明する書類

7. 年金証書

 

注:外国で発行されたすべての書類は英語に翻訳され、

フィリピン大使館あるいは領事館で認証されなければならない

1. 記入済み申請書類

2. 有効な入国ビザがあるパスポート原本

3. 健康診断書

4. 無犯罪証明書(本国あるいは最終移住地にて取得)

ならびにNBI(国家捜査局)クリアランス

5. 写真(5×5) 13枚

6. 同伴する配偶者・子供の関係を証明する書類

 

 

注:外国で発行されたすべての書類は英語に翻訳され、

フィリピン大使館あるいは領事館で認証されなければならない

リタイアメントビザ(SRRV)取得までの一般的な流れ

1. 日本での準備

(1) 犯罪経歴証明書など必要書類の取得

(2) 供託金をPRA指定口座に送金(セブへ来られる2週間前までに)

2. セブでの準備

(1) 健康診断

(2) 取得書類の認証

(3) 証明写真撮影

弊社職員が弊社の車でご案内いたしますので安心です。

所用時間は4〜5時間程度。

出来上がった書類はマーケッターが代理で受け取る事も可能です。

2. リタイアメントビザ申請

全ての書類が揃いましたらPRAセブオフィスにて申請。申請後、約5〜6週間で受領。

1ヶ月以内での取得をご希望の方は、ぜひご相談下さい。

日本の犯罪経歴証明書取得方法

所轄の県警、府警、道警、警視庁の本部刑事部鑑識課にて発行して貰います。

 

申請時に必要なもの

1. パスポート原本(有効期限内のもの)

2. 次のうち、いずれか1通

(1) 住民票(発行から6ヶ月以内のもの)

(2) 官公庁から発行され、氏名、住所が記載されたもの

  例:自動車運転免許証、住民基本台帳カード

3. SRRVビザの申請用紙(記入済み)

 

日本犯罪経歴証明書はセブ領事事務所経由でも取得できます。(申請後、約2ヶ月かかります。)

必要なもの

1. パスポート(原本)

2. 写真(5cm×5cm)1枚

 

犯罪経歴証明書の認証について

1. 日本国外務省の認証を受けます。

返信用封筒を同封し、犯罪経歴証明書を封を切らずに入れて郵送すれば、認証後に返送してくれます。(無料)

2. フィリピン大使館で認証を受けます。

外務省同様に返信用封筒を同封し、犯罪経歴証明書を封を切らずに同封して郵送すれば、認証後に返送してくれます。

必要なもの

(1) パスポートのコピー

(2) 写真(5cm×5cm)2枚

(3) 費用 3,250円 現金書留にて送付(2013年5月現在)

 

外務省

・〒100-8819 東京都千代田区霜々関2−2−1 外務省南庁舎1階

外務省領事館証明班 電話03-3580-3311 内線 2308, 2855

・〒540-0008 大阪市中央区大手前1−1−22 外務省大阪分室(大阪府庁内)

電話 06-6941-4700

 

フィリピン共和国大使館

・〒106-8537 東京都南区六本木5−15−5 フィリピン大使館領事館認証課

電話 03-5562-1600 (直)03-5562-1597

・〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3丁目2−5

電話 06-6251-2400